rosa8719の今日もご機嫌

乳がん経験者の50代パート主婦。息子二人も独立し夫と二人暮らし。一日一日をご機嫌に。

入院中・雑記(その5)

★傷の治り具合
私は傷が治りにくいほうなのだ。虫に刺されても、皮膚に汚くあとが残るタイプ。絆創膏にもかぶれやすい。

手術してみて驚いたのは、メスで切ったあとは、透明なテープ(絆創膏?)をピシっと貼られているだけだったこと。縫い目は見えない。ドレーンの細い管を差し込んでいるところに、ガーゼや絆創膏が貼られている。

患部全体を防水テープで覆って、手術の翌々日からはシャワー浴。ドレーンバッグもビニール袋に入れて濡れないようにしてもらって。シャワー浴は毎日。シャンプーも毎日。清潔な患者たちなのである。

さてさて、かぶれやすい私は、いろいろ気遣っていただいたにも関わらず、やはり今回もかぶれた。私の主治医とベテランの医師が一緒に回診してきた時のこと。
「うーん。これはやはり、重みで引っ張られて・・・それででしょうね。」
「他の所も赤くなってるしね。重いし大きいからね。」
と、やたらと、「重い」「大きい」を連発された。

他の患者たちを見ても、わりとかわいい感じのバストの人が多いような気がする。太ってるわけでもないのに大きいバストの人は珍しいのだろうか?

「受験生の息子がいるので、少し早めに退院させてほしい。」と、主人が主治医にお願いしたお陰で、他の人たちより2、3日早く退院出来ることになったのだが、その時も、
「まだ赤くなってますね。むくみですね。その赤みを取ろうと思うとしばらく掛かりますからね。退院していいですよ。抗生剤を出しておきます。ご自宅に帰られたら、ブラジャーなどで保護して押さえておくといいです。重いですからね。あと、冷やしてくださいね。」
と、主治医に言われた。

ブラジャー?付けてもいいの?
いろいろなブログで、「手術後は痛くて痛くて、とてもじゃないけど着けられなかった。」と書かれてあったのに。

私は退院した翌日にはブラジャーを着けた。手術した部分が内側上部なのでガーゼのハンカチでも挟んでおけば痛くない。ワイヤーの入ったカッチリしたブラはもともと苦手だったので、シャルレのノンワイヤー、Cシリーズのシンプルなタイプだ。看護師さんにも見せてOKをもらった。ストラップが太いもので、締め付け感があまりないものが良いのだそうだ。

と、いうわけで、私の入院生活は9日間。10日目に退院となった。(手術は11月12日)