rosa8719の今日もご機嫌

59才で2回目の乳がんに。息子二人は独立し夫と二人暮らし。一日一日をご機嫌に。

車中泊の旅。無理して疲れて怒られて...とほほな気分で帰宅した。

一泊二日で夫と2人車中泊の旅。山形県の酒田・鶴岡方面へ。片道3時間半ほどの旅。

酒田の海鮮市場。小松まぐろ専門店さんでマグロの中落ち丼(1,000円)をいただいた。美味しかった♪

素敵な場所もあちこち巡り、夜にはこちらの道の駅で車中泊

道の駅 庄内みかわ 山形県東田川郡三川町

敷地内に夜8時まで営業しているスーパーマーケットもあり、物産館、コインランドリー、歩ける範囲内に立派な温泉施設、キレイなトイレ、と至れり尽くせり。

車中泊好きに大人気のスポットになってるらしく、平日なのに車中泊してる人たちが結構いた。(お爺さん1人、がやはり多いように感じられた。)

 

車中泊は楽しい。しかし、結構疲れる。

うちはEVERY WAGONである。大人2人が寝てギリギリ。狭い空間の中で食事をして片付けて、寝袋を広げたりしまったり。工夫してマメにこなすタイプの人じゃないと無理だ。私も、夫に怒られないように気を使いながら過ごしていた。

 

実は、出掛ける前々日の夜、気温差アレルギーが原因なのか、かなり体調を崩してしまった。しかし、せっかくの車中泊。そんなことは言ってられない!と、かなり我慢して出発した。

 

車中泊で熟睡出来るはずもなく、寝たんだか寝てないんだか、でも仕方ないな、と迎えた朝。「メガネのレンズが片方ない!どこかに落としたらしい。大変だ、メガネがないと運転出来ない。」と、夫が大騒ぎ。寝袋を片付けていたら奇跡的に見つかり、ホッとした。

 

鶴岡方面へ向かったが、あいにくの雨で寒くて気分も盛り上がらず。チャチャッと見て帰ることにした。

 

夫1人に運転を押し付けて疲れさせてはいけない、と思い、私は行きも帰りも途中で運転を交代した。それが夫のイライラ心を刺激したようで、帰りはやたらと私の運転にケチを付けて来た。

 

「エンジンの回転数も見て!回転数すごい上がってるだろ?そういうのが燃費に関係するんだよ。コスパが大事だ。」

「ブレーキの踏み方が悪い!ガクッとなるだろ?ダメだよー。ゆっくり踏んでフワーっとペダルを離して。」

さすがに私がムッとすると、「そういうので怒らないで!こういう時こそ、ちゃんと運転を学ばないと、いつまでもうまくならないよ。」と、あんたは自動車学校の先生かい?と思えるような言葉を連発。

 

私は、疲れて大変だろうに、と下手な運転でも変わってあげてるのに、なんなのよ!

もう、怒り心頭。「私もう、これからは車中泊なんか行かないから!」と言ってやった。

 

もともと、車中泊は私の趣味ではないのだ。夫の趣味に仕方なく付き合ってあげてるだけ。その昔のキャンプも、私の趣味ではなくて、夫の趣味に仕方なく付き合ってのことだった。

 

なのに夫は、車中泊やキャンプなどを1人でチャキチャキ出来ない人間を、「アイツはダメな奴」みたいに言ったりする。それが嫌だから、怒られないように気を使って動いていたのだ。

 

今回のことでハッとした。「向いてないのに、なんで頑張ってるの私?」と。お爺さん1人で車中泊してる人ばっかりじゃないか。妻は相手してくれないのじゃないか。車中泊嫌いな妻は、結構多いのでは?私も嫌ならやらなくて良いのだよ。

一年半前に初めて夫と行った車中泊もハードモードだったもの。

rosa8719.hatenablog.com

わざわざストレスが増えるようなことは、もうしないことにしよう。

旅行はストレス解消には最高、という説が根強いけど。向き不向きもあると思う。