rosa8719の今日もご機嫌

乳がん経験者の50代パート主婦。息子二人も独立し夫と二人暮らし。一日一日をご機嫌に。

夫のワクチン予約がようやく出来た

私が住んでいる地域では、23日から、接種券が届いた満12歳以上のすべての市民の、新型コロナウイルスワクチン予約受付が開始された。

 

ニュースを見ていて、60歳以上の夫なら、もうすでに予約出来るのでは?(21日時点)と思い調べてみたら、出来そうな感じだった。

 

夫に聞いてみると、「いや、俺はモデルナがいいから、大規模接種会場で打ちたいんだ。でもさ、ネットでやってるけど、全然予約出来ないんだよ。」とのこと。

 

「何言ってるの!そんなことより早く予約しないと。ほらほら、集団接種だとファイザーだけど出来そうだよ。」と、夫の尻を叩いて21日(土)の朝、チャチャっと予約させた。9月5日の日曜日。やったー、これでひと安心だ。土日休みが決まってる人はいいよな。

 

「いや、俺は周りの人が打ち終わってからでいいよ。様子を見てさ。うちの支店長なんか、2回目の接種後に39度近くまで熱が出て、すごく大変だったらしい。一日二日らしいけど。」なんて、尻込みしてる場合ではない。

 

パート仲間のご主人の知り合いの知り合いで、複数人の人がワクチン接種後に死亡したとかなんとかで、ご主人はワクチン接種したくないと言ってるらしい。亡くなった人は何歳でどんな状況なのかもまったくわからず。それでも、周囲にそんな話が多いとビビるようだ。しかし、ワクチン2回接種した人の重症化率はかなり低い、というのが現実なわけだし、ここは打つ以外に選択肢はないよな、と私は思う。

 

さてさて、23日朝8時半から始まったワクチン接種予約受付は、20分で7500人分の受付が終了したとのこと。日中予約するのが難しい人のために、夜8時から約4000人分の受付もする、とのこと。これもすぐに埋まったのかな。

 

☆   ☆   ☆

パート先の職場は20日までに翌月の休み希望を提出(3日分まで)する決まりになっている。「ワクチン予約に関しては、接種日とその翌日は公休日以外に休みを取っても良い」ということになったようだ。

 

しかし、私は休み希望を出してしまった後だったので、9月のシフトが出てから予約をしようと思っていた。

 

すると、「ワクチン予約はもう済ませた」という人がわらわらと出始めた。

「えっ、rosaさん、まだ予約してないんですか?シフトが出てから?そっちが優先なんですか?」と聞かれて、私もびっくり。シフトよりワクチン予約優先で良いのか?

 

よく考えてみたら、休みが曜日固定になってる人たちだった。そうか、予約しやすいわけだ。

 

曜日固定以外の人も予約したようで、「シフトの変更をお願いします」と申し出たようだった。頭を抱えたのはシフトを組んでる社員さんだ。「このままではシフトが組めない!」棚卸しで人手が多く必要な時期に、ワクチン予約してしまった人が数人。今月末で社員が一人辞めるので、どうにもこうにも人手が足りないのだ。

 

私は9月のシフトを見て、休みに合わせて1回目を接種予約して、2回目は10月にしようと思っていたが、果たしてそれで良かったのか。命懸けでパートの仕事をするようなのもどうかと思う。

 

複雑な心境だ。ギリッギリの人数で回していて、一人でも不調な人が出たらどうなるの?というくらいの危機的状況。辞めたいけど辞められない。抜け出したいけど抜け出せない。仕事に行くのが辛い毎日だ。