rosa8719の今日もご機嫌

乳がん経験者の50代パート主婦。息子二人も独立し夫と二人暮らし。一日一日をご機嫌に。

手術・入院

入院中・雑記(その5)

★傷の治り具合 私は傷が治りにくいほうなのだ。虫に刺されても、皮膚に汚くあとが残るタイプ。絆創膏にもかぶれやすい。手術してみて驚いたのは、メスで切ったあとは、透明なテープ(絆創膏?)をピシっと貼られているだけだったこと。縫い目は見えない。ドレ…

入院中・雑記(その4)

★抗がん剤投与・1泊入院の患者さん 私が入院した5人部屋には、抗がん剤の点滴を受けるために、1泊2日で入院される患者さんが何人も泊まっていった。入院してみて驚くのは、術前化学療法を受けてる人の多さである。入院患者の三分の一くらいだろうか?入院す…

入院中・雑記(その3)

★乳がん患者同士の自己紹介 病棟の中には談話室があり、リハビリ用具も置かれているので、リハビリの最終段階に入った、回復期の患者が自然と集まるようになっていた。自己紹介しながら話題に上ることは、 ・いつどうやってガンが発見されたか ・どんなふう…

入院中・雑記(その2)

★病院食 抗がん剤治療で1泊入院してた方が、「私、病院食は口に合わなくって。食欲はあるんだけど、おかずは全然食べられなかったわ。ごめんなさい。」と、毎回、看護師さんに伝えていた。それほどおいしくないかな?五目うどんの日は、あまりにもおいしくな…

入院中・雑記(その1)

★乳がん患者は明るくて元気な人が多い 同室のSさんからは、面白い話や情報をたくさん教えていただいた。「乳がんの患者さんばっかりの病棟だけど、みんな手術した後は、とってもスッキリした気分になるらしくて、明るくて元気でパワフルだったよ。rosaさんが…

同じ部屋の人たち

私が入った部屋は5人部屋だった。 55才のSさん、68才のMさん、63才のCさん、46才の私、が主にいたメンバー。一つのベッドは、抗がん剤治療のために1泊2日で入院される人が出たり入ったりしていた。平均年齢が高い。おばあちゃん部屋か? 私がいつも一番年下…

手術の日の夜

夫と次男が帰り、長い長い夜が始まった。夜がこんなに長くてつらいものだとは思わなかった!!と、いうくらい、長くて長くてつらい苦しい夜だった。足には血栓予防の伸縮性たっぷりの白いハイソックスをはかされ、ふくらはぎの辺りをマッサージする機械につ…

手術の日

早朝5時半にすっきりと目が覚めた。 しかし、お通じはイマイチ。なので、「お腹をすっきりさせるために座薬を使いますねー。」と、看護師さんに座薬を入れられた。普段、「恐怖の快便女」である私には、座薬の効き目は強すぎる!腸のぜん動運動のものすごさ…

入院

手術日前日の午前10時に1人で入院手続きをした。思えば、私の乳癌手術は、住宅ローンの借換えとまったく同時進行に進んで行ったのだった。 ガン告知の日は、借換えローン本申込み(成約)の日。入院したこの日は金消契約の日。なので、夫は銀行の手続きを済ま…