rosa8719の今日もご機嫌

乳がん経験者の50代パート主婦。息子二人も独立し夫と二人暮らし。一日一日をご機嫌に。

息子たちの恋バナ

GW帰省中、珍しく次男は恋バナも披露してくれた。うちの息子たちは、今までほとんど、自分達の恋愛事情については語ってくれなかったので心配していたが、根掘り葉掘り聞くわけにもいかないし...と躊躇していた。

 

「今年30歳になるからか、周りで結婚する人たちが急に増えて来て、6割くらいが結婚したかな。一番仲の良い友達も去年結婚したよ。今は女性もキャリアを積む時代だから、結婚してから奥さんが大阪に転勤になっちゃって、2週間に一度しか会えないらしい。」

「俺もチョコチョコ付き合ったりしてるよ。意気投合して3回デートした人もいたけど、結局ダメだった。一人旅が大好き、っていう人もいて、話はとても面白かったけど、なんていうか、好きにはならなかった。」

次男もそれなりに活動中らしい。

 

「GW中に、一緒にピアノサークルで運営とかやって仲良くなったご夫婦の家に招待されて行って来たんだ。大学時代から同棲してて10年くらいの付き合いで、そのまま結婚。プロポーズも結婚式もなかったらしいけど、いまだにアツアツで仲良かったよ。美味しい魚料理やローストビーフをご馳走してくれた。」

仲良し夫婦やカップルを見る機会も増えたらしい。

 

「あまりにも浮いた話がないから、父ちゃんは心配していたよ。」と言うと、「いやいや、普通に結婚したいと思ってる。まだ今の所は見つかってないけど。」と次男。ちょっとホッとした。

 

長男の方はどうなのか。一度、うちに彼女を連れて来たし、東京でも一緒にご飯を食べに行ったことがあった。もう何年になるのか。長いお付き合いだ。

「兄ちゃんの方は心配いらないと思うよ。一年くらい前かな。兄ちゃんと彼女さんと3人で食事したことがあった。彼女さんは、兄ちゃんの良い所を嬉しそうにたくさん喋って、こんなに破天荒で面白い男は他にいないわ〜って言ってたよ。武勇伝をたくさん教えてくれた。ぞっこんだよ。ケンカはしてるみたいだけど。(笑)お兄ちゃんの方が、まだ男としてのステイタスが...とか言ってて。大丈夫だよ。」

そんな次男の話を聞いて、私も夫もひと安心。うちの長男のことをそんなに面白がってくれるなんて。ありがたいことである。

 

(出かけた先で見たネモフィラ)

 

焦ることもないので、自分にピッタリ合う相手を見つけて、幸せになってもらいたいと思う。

 

2年4ヵ月ぶりの次男と過ごすGW

GW7連休の夫は、傷んでいた庭のウッドデッキのメンテナンスに取り組んでいた。傷んでいた部分を切り落として、裏返したり向きを変えたり。今後のメンテナンスのことを考えて、小さめに作り直した。

 

すると、「慣れない大工仕事に熱中し過ぎたせいか、足が痛い。足が腫れてる。」と辛さを訴えて来た。あらら本当だ。よく動く人なのに歩くのも辛そう。ちょっとイライラしてる。

 

次男が帰って来る3日の夜、最初は夫が新幹線の駅まで迎えに行くことになっていた。それが直前になって、「最寄りの駅までで良くないか?母ちゃんが仕事帰りに迎えに行けばちょうどいいだろ?」と、突然私に振られて、かなりムッとした。

 

「最寄りの駅なんて、しばらく行ったことないし、夜の運転だし、路駐する場所もちょっと自信ないし、仕事が忙しい日だし。」と、反論すると、「なんでそんなことで怒るんだ!」と逆に怒られて険悪なムードに。(息子が2年4ヵ月ぶりに帰って来るんだから、迎えに行ってあげるくらいいいでしょ⁉︎)と思った。仕方がないので、頑張って迎えに行った。

 

息子を車に乗せて、夫との喧嘩の件を愚痴ってしまった。

「◯◯が帰って来る、わぁ嬉しい!と思うあまり、色々頑張り過ぎて1人でカッカカッカしちゃうんだと思うのよね。明日、キャンプしたいとか、バーベキュー用の肉とか買って準備しないと、と思ってて、そのことで頭がいっぱいになってるみたいなの。」

「なるほど。家に帰るのもかなり久しぶりだから、お父さん、変なスィッチが入っちゃったんだね(笑)。今までコロナのことや仕事のことで、ずっと帰ってなかった俺も悪いわ。これからは、もっと頻繁に顔を見せるようにするよ。」

次男は冷静に夫のことを分析し、喧嘩にならないように気を遣ってくれた。なるほど、息子目線で見るとそういうものなのか、と私もちょっと反省。

 

自宅に着くと、夫が「買い物大変だったよ。母ちゃんが迎えに行って正解だっただろ?」と、美味しそうなものをたくさん買い込んで、次男をもてなしてくれた。「明日はデイキャンプしよう。◯◯が食べたいと言っていた、牛タンも買って来たぞ。」と満面の笑み。久しぶりに次男を囲んで話が盛り上がった。

 

翌日4日は朝から絶好のゴールデンウィーク日和。

夫がまだ足が痛くて動くのが辛い、と言うので、自宅の庭でバーベキューをやることになった。どこへ行っても混んでるのに、わざわざ遠くに行くこともない。

(Colemanシェードインスタント バイザーシェード)

「こんな肉厚な牛タン、東京では食べられないんだよ!」と、次男大喜びだった。夫も大満足。ご機嫌に昼からビールを飲んだ2人を乗せて、午後は私の運転でドライブ。

 

次男と夜遅くまで、たくさん喋って寝不足の2泊3日。めっちゃ楽しいゴールデンウィークだった。

 

昨日の帰りは、「新幹線の駅まで父ちゃんが乗せて行くよ。」と運転してくれた夫。変なスィッチが切れたのか、満足してホッとしたのか、いつもの調子に戻っていた。

「アイツは優しい奴だな。」と、ポツリと言っていた。私もそう思う。次男が元気に暮らしていて、本当に良かった。素敵なゴールデンウィークだった。

 

家庭の平和も続かない

「今年のゴールデンウィークは久しぶりに帰るよ。」と、次男からLINEで連絡があり、5月3日から2泊3日の予定で来ることになった。コロナ禍でずっと会えなかったから、2年4ヵ月ぶりである。

 

うわーっ、楽しみ!と、喜んだものの、こんな時って張り切り過ぎて何かと夫とぶつかることも多くなるかも?という一抹の不安も浮かんで来た。息子なのだ、お客様じゃないんだ、いつも通りに平常心で迎えれば良いのだ、と自分に言い聞かせた。

 

パートの仕事が休みだった昨日。夫は帰宅するなり、「大変だ。うちの庭の植栽の落ち葉が道路中に散らかってる。何とかしないと!」と、私を外に呼んだ。

「向かいのお宅の所まで、すごい落ち葉だ。これ、全部うちの庭からだよ。道路全体だ。あっちもこっちも。風がこう吹いたから、こういう動きで広がったんだ。」と言う。いやそんな馬鹿な。秋口は枯れ葉の掃除はちゃんとしてるが、今の時期どうして⁉︎

 

向かいのお宅の落ち葉を少し掃除したら、うちの庭の植栽のものではなくて、向かいのお宅のものだった。植えてるものの葉っぱが違う。夫もそれに気が付いた。

 

「強風が吹いて落ち葉が散らばったからって、近所から文句言われたことは今まで一度もないよ。そんなのお互い様だし。うちは角地だから植栽も多いけど、そんなこと気にしていたら、こんな住宅地でやっていくのは大変だよ。」と、私は反論した。「わかった。じゃあ、明日片付けて。」と夫。

 

ここまで言われると、どうしても気に掛かる。夫用に酒の肴を準備して、私は道路に散らばった落ち葉の掃除を始めた。途中何度か、「明日でいいから。ご飯食べよう。」と夫に言われたが、どうしても気に掛かる。過剰に周囲に気を配る夫と無神経な私だが、「周囲に多大な迷惑を掛けてるかも。」と思うと、後回しにする気になれなかった。

 

すっかり食欲は引っ込んでしまい、突然気を回してしまったために調子が崩れて、寝付けなくなってしまった。夫と一緒の寝室を出て次男の部屋で寝た。睡眠不足で辛い。

 

(夫が定年になって在宅時間が増えて妻が調子を崩すのって、こういうことだよな。)と思った。ああ、自分の自由時間が減って行き、家事の監視をされてるような気分。

 

料理作りもスランプ時期に突入した。

酒のつまみが必須な夫。「刺身が食べたい。」などとのたまう。そうしたら、毎日のようにスーパーに行かなければいけなくなる。「◯◯と◯◯はもう買ってこなくていい。」とか、色々と面倒なことを言う。「おかずの量が多すぎる。もっと少なくしてくれ。」とか何とか。

 

だんだん何を作ったら良いのか、わからなくなって来た。私という人間は、どうも自由なところを制限され過ぎると、道に迷って彷徨ってしまうタイプらしい。これから先もこんな生活が続くのか、と思うとどんよりした気分だ。

 

ああ。自由気ままにのんびり出来る時間と空間が欲しい。

 

職場の平和は続かない

新人パートが3人入って来て(主婦2人と若い男子1人)、やれやれこれで安泰〜、と思っていたら、そうは問屋が下さなかった。主婦パート1人が辞めることになったらしい。

早っ⁉︎

 

その新人パートさんは、土日は子供の習い事の送迎があり出勤できない。平日のみ週4日くらい、忙しい時は週5日でも可、という契約。時間は午後3時までという話だったのに、4月のシフトをもらったら、びっしり週5日で時間も午後4時までになっていたとのこと。

 

「面接の時の話と違います。週5日はキツいので4日にしてほしい。時間も午後3時までとお願いしたはずです。」と店長に訴えると、「いやいや、こちらはそのつもりで採用したんですよ。」と却下され、「何か用事でもあるんですか?」と聞かれたとのこと。

「用事がないと休んじゃダメなんですか⁉︎」と反論したらしい。

 

「いくら説明しても話が平行線で、何とか店長の考えたシフトで通そうとするんですよ。最初からこんなに分かり合えないなら、これから先はもっと大変、そのうちブチギレる、と思いました。私もいろんな所で働いて来たけど、こんなに早く辞める決断をしたのは初めてです。」と新人パートさん。

 

いくら人手不足とはいえ、店長も強引過ぎた。その新人パートさんは、ものすごくハッキリした人だった。そうか、こんなふうにササッと辞めてしまえば良いのか。辞めるなら早い方が良いとはいうが。私には出来なかった。嫌な時にはブチギレるタイプなのだろう。

 

もう1人の新人主婦パートさんも土日は休みたいとのことで、平日のみの勤務。やはり勤務日数を少なくしてほしい、とシフトの変更をお願いしたとのこと。こちらもちょっと怪しい雲行きになって来た。

 

結局の所、2人が辞めたら、また元のベテラン勢と3年目のパート少数で回すしかなくなる。ガックリ。

 

先日の面談で、「ベテランさんたちに、もっと上を目指して頑張ってもらいたいんだ。」と店長に言われたが、そんな私たちはアラ60才。(笑)

もうそんなに頑張れないわ。

 

土日休みたい人ばっかりなのはどうして?最強の新人さん(今では3年目に突入)も、相変わらず自分のシフト希望は譲らない。自己主張しないと負ける職場。負け続ける私。

平和に暮らしたいな。

f:id:rosa8719:20220122120126j:plain

(猫カフェにいた猫ちゃん)

 

加齢による白髪や薄毛を何とか出来ないかな、と調べてみた

最近、髪の毛が薄くなって来た。特に前髪が。抜け毛も多い。

少し前にカットしてもらう時に美容師さんに伝えたら、「それでは、ちょっと前髪部分を多くとっておきますね。」と配慮してくれたが、薄くなった事実は変えようがない。

 

頭皮マッサージが良いらしい、とどこかで聞いたので、YouTubeで調べてみたらいろんな動画が出て来た。基本的なことはほぼ一緒だった。

 

しかも、「頭皮マッサージは良いことしかない。髪の毛の問題も改善されるが、自律神経も整うし、体調も良くなる。」とかで、コメント欄が感謝の言葉で溢れていた。

 

美髪堂のヨコタさんという方の、「あなたの白髪や薄毛はトリートメントやリンスが原因かも!」という動画が衝撃だった。

https://www.youtube.com/watch?v=b7Hqr6CdlIo

f:id:rosa8719:20220414120233j:plain

・シャンプーの強い洗浄力も良くないが、それよりリンス、トリートメント、コンディショナー等のコーティング剤が良くない。

・人間の頭皮や皮膚、髪の毛はマイナスに帯電している。コーティング剤はプラスのカチオン系の界面活性剤。プラスとマイナスでピタッとくっつきあって取れなくなる。

・コーティング剤はいつかは剥がれるので剥がれるときにキューティクルを一緒に持っていく。毛皮質剥き出しのパサパサの髪になる。

・コーティング剤は最高の天然保護クリームである皮脂の分泌を遮断している。頭皮がダメージを受けて、薄毛や白髪になる。

・健康毛でも濡れるとキューティクルが開いて軋む性質。乾かすとキューティクルが閉じてサラサラになる。

・いきなりコーティング剤フリーにするのは難しいので、髪の毛の毛先だけに最小限使う。そのうち、伸びてカットしてを繰り返して、健康毛になる。

 

「挫折しない湯シャンのススメ」という動画では、15秒シャンプーを勧めていた。皮脂がほどよく残るらしい。頭皮はあまりゴシゴシ洗い過ぎない方が良いらしい。これなら出来そうである。

 

他の人の動画では、「白髪染めで白髪が増える」というお話もあった。頭皮にダメージを与えるものは、何であれ良くないらしい。せめて、頭皮につかないように白髪染めを使うようにしたら良いとか。

 

ヘナをすすめる動画もあったけど、時間も手間隙も掛かって大変そうだな、と思った。

弱酸性のシャンプーも勧められていたが、約5000円⁉︎と聞いて驚いた。

シャンプー、どうしたら良いんだろう?と思っていたら、野武屋本店のぶさんの動画を見つけた。

シャンプーもったいない!!誰でも今日からできるシャンプーの方法

https://www.youtube.com/watch?v=CbfRcj2HQKA&t=336s

のぶさんは、湯シャン推進派でもシャンプー反対派でもない。ケチケチシャンプーのススメが面白かった。こういう、お金の掛からない方法っていうのが良いのだ。これなら続けられそうである。